保険料の要素

自動車保健の保険料を決定する要素に「リスク区分」という制度があります。
リスク区分では、被保険自動車が事故を起こす確率、さらに損害額によって分けられています。
すなわち交通事故を起こしやすく、損害額が高額になりやすい自動車ほど、保険料が高額になるという仕組みになっています。
保険料に影響を与える要素の1つが「使用用途・車種」です。
これは自動車の使用用途と車種によって、事故発生確率と規模が異なるという概念によって成り立っています。
使用用途・車種の区分は、自家用、営業用、その他とされています。
そして「型式別料率クラス制度」という制度があります。
使用用途・車種区分で分けられている自家用をさらに細分化したもので、自家用普通自動車と自家用小型自動車に区分しています。
この料率クラスでは、1から9の段階が設けられています。
これらが自動車保険の保険料を決定する基礎の要素となっています。
さらに被保険自動車に採用されている「安全装置」によって保険料の割引率が決定されます。
保険料に影響を与える安全装置には「衝突安全ボディ」「エアバッグ」「ABS(アンチロックブレーキシステム)」「横滑り防止装置」「盗難防止装置」などがあります。
これらの安全装置をつけている自動車は、そうでない自動車と比較して、事故の発生確率が低く、事故による損害の規模を抑える効果があるとされています。
そのためこれらの安全装置を積極的に採用している被保険自動車の保険料は、そうでない自動車の保険料よりも優遇されるというわけです。