車両への補償

自動車が交通事故によって受けた損害を補償するのが「車両保険」です。
車両保険は、交通事故以外の原因によって受けた損害も補償を受けることができます。
衝突や接触といった事故以外に、物の飛来や落下、火災、爆発、台風、洪水、高潮などの偶発的な事故による損害も補償の対象となります。
また盗難も車両保険の補償対象となっています。
また自動車の受けた損害だけでなかく、その付属品に対する損害も補償の対象となります。
付属品とは、被保険自動車に「定着」されているものを指します。
定着とは工具などを使用しないと取り外すことができないものです。
例えばエアコンやステレオ、スペアタイヤなどが定着されているものです。
ただしガソリンなどの燃料、ボディカバー、洗車用品、装飾品などは補償の対象ではありません。
車両保険は自動車保険の中でも保険料が高額なため、補償内容をよく吟味する必要があります。
補償の対象が増えるほど保険料が高額になります。
補償の対象によって保険料が分類されており、「エコノミー」「エコノミー+限定A」「一般車両保険」などがあります。
エコノミーは補償対象が車対車のケースのみとなっています。
この車とは二輪と原付を含み、自転車は含みません。
もっとも補償対象が狭いため、保険料ももっとも低くなっています。
そしてエコノミー+限定Aとは、エコノミーと災難(Accident)による損害を補償の対象としています。
災難とは、火災、爆発、騒擾、台風、洪水、高潮、落書き、ガラスの破損、物の飛来や落下などです。
そして一般車両保険とはこれら以外にもさまざまな補償対象を備えており、保険料がもっとも高額になっています。