無保険車傷害の補償

現在、公道を走行している内、3割が強制加入の自賠責保険に加入していないといわれています。
もちろん未加入の自動車で公道を走行することは道交法に違反していますが、それよりも重要なのはそんな自動車と交通事故を起こした場合です。
自動車保険では相手の加入する保険会社から補償を受けることになっているため、相手が未加入であれば補償を受けることができません。
また事故相手が自賠責保険にのみ加入していても、補償は上限3,000万円となり、損害賠償に対して不足することが想定されます。
さらに自賠責保険のみだと対人賠償責任保険しか補償がありません。
このようなケースに補償が適用されるのが「無保険車傷害保険」です。
無保険車傷害保険では上記のようなケース以外にも、事故相手が存在しない場合も補償の対象としています。
この事故相手がいあにというケースとは「当て逃げ」のことです。
この場合は事故相手が判明しないため、損害賠償請求を送る相手がいません。
このケースも無保険車傷害保険の補償が適用されます。
無保険車傷害保険の補償が適用されないケースは、被保険者の故意による事故や酒気帯び運転などの違法行為時の事故、自殺行為や犯罪行為などとなっています。
また事故相手が、記名被保険者の父や母、配偶者やその子ども、記名被保険者の使用者などが賠償責任の義務者の場合は補償されませんので注意しましょう。
公道を走行する自動車のうち、3割が強制加入の自賠責保険に未加入というのは被害者になることを想定すると非常に恐ろしいことです。
また自賠責保険のみの加入では、損害賠償請求に応じることが難しいことが想定されます。
そしてこれは事故相手だけでなく自身にも同じことがいえます。
必ず任意保険へ加入するようにしましょう。