自損事故の補償

自動車に交通事故には、必ずしも事故相手のドライバーが存在するわけではありません。
例えば電柱やガードレール、住宅や店舗などに追突したような場合です。
このような事故のことを単独事故とよびます。
自動車保険は自身が受けた損害を事故相手に対して、損害賠償請求を行うという仕組みになっています。
そして事故相手は、受けた損害賠償請求に対して自身が加入している自動車保険から補償として保険金を受け取り、それを請求相手に支払うという仕組みになっています。
ですが手続き上、双方の自動車保険が保険金のやり取りをするようになっています。
自動車保険はこのような仕組みになっているため、相手が存在しないということは自動車保険の補償が適用されないといことです。
そこで自身の加入している自動車保険から補償を受けるための保険が「自損事故保険」です。
自損事故保険は単独事故や、事故相手がいても過失が100パーセントの場合を補償の対象としています。
これらの損害は自賠責保険で補償されません。
そのため任意保険の自損事故保険に加入することは重要です。
過失100パーセントのケースは後ろからの追突事故などがあります。
このように自損事故保険は、自身が受けた損害や損害賠償請求の両方に対して補償が適用されるようになっています。
自損事故保険の補償は、死亡補償として1,500万円を上限に保険金が支払われます。
また後遺障害状態に対しても上限1,500万円として保険金が支払われます。
またケガの場合は通院費用一日あたり4,000円、入院費用一日あたり6,000円で、上限が100万円となっています。

保険を知るリンク