人への賠償

自賠責保険は対人賠償責任保険の補償を備えた自動車保険です。
ですが補償が不十分になるケースが考えられます。
死亡1人あたり最高3,000万円、ケガ1人あたり120万円の補償のみとなっており、自賠責保険の補償だけでは不足することが想定されます。
そこで任意保険の対人賠償責任保険の補償を受けることになります。
任意保険の対人賠償責任保険は、自賠責保険の補償で不足している超過額を補償するようになっています。
対人賠償責任保険は、第三者の生命または身体を害することによって、加入者は被保険者となります。
被保険者は法律上の賠償責任を負うことになるので、賠償請求に対して保険金を支払われるという仕組みになっています。
対人賠償責任保険は加入している保険金額を上限として保険金額が決定されます。
被保険者とは自動車保険の保険証券に記載されている「記名被保険者」のことです。
そして対象の自動車のことを「被保険自動車」とよびます。
記名被保険者以外では、その配偶者(内縁含む)、その同居の親族、別居の未婚の子となっています。
そして対人賠償責任保険では「他人」として扱われる第三者について理解する必要があります。
この他人とは、記名被保険者の配偶者は子どもなどの家族は該当しません。
これらの他人として認められない人へ損害を与えた場合は、補償の対象とはなりません。
例えば妻を自動車ではねた場合、記名被保険者の加入する自動車保険では保険金は支払われません。
記名被保険者、その配偶者、子ども、父母などは対人賠償責任保険では補償されませんので注意しましょう。

保険を知るリンク